ヤブコウジ

ヤブコウジの丈はせいぜい20センチ程ですが、立派な常緑樹です。6月から7月にかけて花が咲きますが、薄桃色の下向きに咲く花なので、残念なことに葉の陰になりほとんど気づかれません。5弁の花びらなのですが、なかなかうまく写せません。万葉の時代にはヤマタチバナとよばれ冬真っ赤な実が美しいことから縁起のよいものとされていました。冬に同じように赤い実をつけるマンリョウ、センリョウ、ヒャクリョウ(カラタチバナ)とともにジュウリョウ(十両)とも呼ばれています。

投稿日:

カテゴリー: 木々