- 予定イベント一覧 -

和布でつくる風鈴【受付を終了しました】

日 時 6月15日(土) 13時半〜15時
講 師 「室礼サロンたのしい和」会員
場 所 野田市市民会館 松竹梅の間
定 員 10名(事前申込・先着順)
参加費 100円
申 込 令和6年5月20日(月)より申込開始
備 考 持ち物不要(針、糸、材料は講座で準備します)

※事前のお申し込みが必要です。お電話、FAX、ホームページのメールフォームからお申し込みください。

【5月20日10時追記】
定員に達したため、本講座のお申込み受付を終了いたしました。
たくさんのお申込み誠にありがとうございました。

市民会館室礼の公開【申込不要】

市民会館の室礼をご自由にご見学いただけます。

日 時 4月21日(日) 端午の節句
5月3日(金祝) 端午の節句
6月16日(日) 初夏の室礼
場 所 野田市市民会館内
参加費 無料
備 考 見学は無料です。ご自由にお入りください。公開日以外の見学につきましては貸部屋利用が優先となります。

野田市市民会館(旧茂木佐平治邸) 夏障子の特別公開【申込不要】

野田市市民会館(旧茂木佐平治邸)建築100周年記念事業
野田市健康スポーツ文化都市宣言記念事業
地域づくりネットワーク事業

野田市市民会館は大正13年(1924) 頃に建てられた醤油醸造家・茂木佐平治家の旧邸宅で、昭和31年(1956) に野田醤油株式会社(現・キッコーマン株式会社) の創立40周年を記念して野田市に寄贈されました。翌年から市民会館として使用されており、市民の文化活動と交流の場となっています。本年、建築から100年の節目を迎えました。

夏障子は、紙の代わりに簾をはめ込んだ障子です。日差しを遮るだけでなく高い通気性を持ち、自然の力で涼を得る和風建築の夏を象徴する建具です。旧茂木佐平治邸の夏障子は非常に細く割った竹で作られており、その精緻な作りは醤油醸造家の邸宅としての風格を感じさせます。市民会館となって以降、永らく使用されていませんでしたが、建築100周年を記念してこの度お披露目いたします。

【会場】 野田市市民会館(旧茂木佐平治邸)
【日時】 令和6年7月13日(土)、14日(日)9時~17時 入場無料
【協力】 野田市いけばな協会

公開日には和室や玄関、廊下等に季節に合わせたさわやかな夏の花を生け込みます。夏障子と合わせて近代和風建築の夏の趣を感じてみてください。

チラシ(PDF)

 


【同時期公開】※市内の別施設のイベントです。

公益財団法人髙梨本家 上花輪歴史館の夏障子

上花輪村の名主であり、醤油醸造家であった髙梨兵左衛門家の建造物、醸造道具等を公開する博物館です。この時期は住宅棟の襖・障子を御簾・夏障子へと模様替えし、日差しを遮りつつも風は通して涼やかに。また、外から中は見えませんが、室内からは庭の眺めを楽しむことが出来ます。ぜひ、住宅内覧にて夏の設えをご体感ください。

【期  間】:令和6年6月21日(金)~7月20日(土)
※夏障子を含む住宅内覧は木曜・金曜・土曜の10:15~/11:30~/13:00~
【開館時間】:10時~17時 ※受付は16時まで
【休 館 日】:月曜日、火曜日
【入 館 料】:大人500円 小中高300円
※夏障子を含む住宅内覧は入館料+大人500円 小中高300円

住宅内覧は当日受付は承れない場合もございますので、ご予約をお勧めしております。
上花輪歴史館の夏障子の
詳細は、同館までお問い合わせ下さい。

公益財団法人髙梨本家 上花輪歴史館
〒278-0033 千葉県野田市上花輪507 TEL:04-7122-2070

大人も子供も笑って楽しむサムライコント、「狂言」にふれてみよう!【受付を終了しました】

野田市市民会館(旧茂木佐平治邸)建築100周年記念事業

野田市健康スポーツ文化都市宣言記念事業

大正13年(1924)に建てられた近代和風建築の市民会館(旧茂木佐平治邸)で、伝統芸能の「狂言」に親しんでもらう講座を開催いたします。狂言は、登場人物が演じるストーリーのユニークさから、最近では親しみをこめて「サムライコント」という愛称も使われています。今回は、夏らしい題材の狂言「蚊相撲」をメインとして、実演だけでなく、狂言の面白さや使う道具の解説のほか、来場者にも簡単な体験をしてもらいつつ狂言をお楽しみいただけます。

 

 

日 時 7月15日(月祝)14時~16時
出 演 能楽師狂言方大蔵流 小梶直人、吉田信海、上田圭輔
場 所 野田市市民会館(旧茂木佐平治邸) 松・竹・梅の間
定 員 20名(事前申込、先着)
参加費 無料
申 込 令和6年6月5日(水)より申込開始【定員に達したため、受付を終了しました】

チラシ(PDF)

※申し込みが必要です。6月5日(水)以降に、お電話、FAX、またはホームページのメールフォームからお申し込みください。

定員に達したため、受付を終了しました。たくさんのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。