テイカカズラ

裏庭のテイカカズラ(定家蔓)が満開になりました。咲き始めは真っ白でだんだん黄色になっていきます。花びらがねじれて風車のようになり甘い香りがします。
万葉集でツタといえばこのテイカカズラのことです。この花には藤原定家と式子内親王の忍恋の伝説がこめられています。亡くなった式子内親王への思いを断ちがたい定家はツタとなり内親王の墓に絡みつくといったお話で、謡曲にもなっています。

投稿日:

カテゴリー: