イカリソウとヒトリシズカ

忙しさに紛れて、しばらく花を見ていないと次々に花が咲きだしていました。
毎年可憐な花をつけるイカリソウは花が船の錨に似ていることからその名がつきました。
別名を三枝九葉草ともいい枝が三本それぞれに三枚葉があることからこの名で呼ばれます。
ヒトリシズカは義経の愛妾静御前の名前からつけられました。

これも可憐な花で、山林にひっそりと咲いている姿が似合います。

投稿日:

カテゴリー: