郷土博物館・市民会館の再開について【貸部屋をご利用される皆様へ】【6月19日更新】

郷土博物館・市民会館の再開について【貸部屋をご利用される皆様へ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館しておりました、郷土博物館・市民会館(旧茂木佐平治邸)について、6月8日(月)より施設の見学と市民会館の貸部屋利用を再開しております。
ただし、人の移動を極力避ける必要があることから、施設の利用は市内在住の方に限定し、市外にお住まいの方の利用は中止させていただきます。
新型コロナウイルス感染症対策として、施設の利用を市内在住の方に限定しておりましたが、6月19日(金)から市外にお住まいの方も施設を利用できます。
ご来館の際には、感染拡大防止のため、以下の項目についてご理解とご協力をお願いいたします。

市民会館の貸部屋をご利用される皆様へ

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、当館ホームページの「市民会館貸し部屋利用案内」に掲載している通常のご利用の際のお願いに加えて、以下の項目につきましても、ご協力をお願いいたします。

1.来館者は、各自で来館前に検温してください。37.5度以上の発熱(又は平熱よりも1度超過)がある方、息苦しさ・強いだるさ・軽度であっても咳や咽喉痛などの症状がある方、過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は、施設の利用はできません。

2.マスクの着用や咳、くしゃみの際はハンカチやティッシュなどで口と鼻を覆うなど、咳エチケットの励行をお願いいたします。

3.施設の入口にアルコール消毒液を設置しております。ご入館時は、手指の消毒にご協力をお願いいたします。

4.ご利用になった机や座椅子などの備品はご利用後に消毒をしてご返却ください。ゴム手袋(使い捨て手袋も可)か消毒用アルコールシートを持参ください。

5.接触感染をさけるため、市民会館台所の湯飲み等を撤去しております。また、館内の壁等にもできる限りお手を触れないようにお願いいたします。

6.定期的(30分に1回以上、数分間程度)に障子や襖を開けて、換気を行ってください。

7.できるかぎり(1~2メートル程度)、他のお客様との間隔をあけてご利用ください。各部屋の利用可能人数は概ね次のとおりとします。人と人の間隔が保てないと判断する場合利用をお断りします。つながる複数の部屋を通しでご利用になる場合の収容人数は、各部屋の合算となります。

部屋名 広さ 収容人数
松の間 10畳 5人
竹の間 8畳 4人
梅の間 8畳 4人
柳の間 4畳半 2人
楓の間 6畳 3人
藤の間 10畳 5人
桃の間 4畳 2人
月の間 8畳 4人
雪の間 6畳 3人
菊の間 8畳 4人
松樹庵(茶室) 4畳半+3畳 3人

8.申込時に「感染症予防対策チェックリスト」(書式1)を提出していただきます。なお、チェックリストの項目をすべて満たさない場合は、利用をお断りさせていただきます。万が一、感染が確認された場合に備え、利用者全員の氏名、連絡先が分かる名簿(書式2)を作成し、1か月間保管してください(名簿の提出は不要です)。

書式1「感染症予防対策チェックリスト」(PDF)

書式2「連絡先名簿」(PDF)

9.次のいずれかに該当する場合(館が該当すると判断する場合を含みます)は利用をお断りします。
・近距離(1~2メートル)での会話、大きな声での発声、高唱を伴う活動(囲碁、将棋、麻雀、空手、吹奏楽、歌唱の伴う軽音楽、合唱、コーラス、民謡など)
・人と人が直接接触する又は接触する可能性がある、あるいは2人以上が同じ物品を触る又は触る可能性がある活動(社交ダンス、着付け、はさみなど道具の貸し借り、カードゲーム(カードを交換するもの)、卓球など)
・水分補給を除き、施設内での飲食を伴う活動。
・利用人数と部屋の広さから、1~2メートルの間隔を保てない

 

当館の感染症予防対策への取り組み

当館では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、野田市など関係諸機関から最新の情報の収集に努めるとともに、感染予防・拡大防止のため、以下の対策を講じています。

・ご来館の皆様および当館職員への感染防止のために、職員はマスクを着用して対応をさせていただきます。
・施設入口付近に手指用の消毒液を設置しています。
・市民会館内市民つどいの間の受付カウンターには、飛沫感染防止のため、アクリル板を設置しております。
・多くのお客様が触れられる可能性がある箇所は、定期的な清掃やアルコール消毒を行います。